センター概要

Center summaryセンター概要

ナノテクノロジー研究推進センター

 東京都市大学(学長 三木千壽)では、平成28年6月、文部科学省先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)の採択を受け、「ナノテクノロジー研究推進センター」を設立する運びとなりました。
 このプログラムは我が国の科学技術イノベーションの基盤的な力の向上のため、研究開発投資の効果を最大化し、最先端の研究現場において研究成果を持続的に創出し、複雑化する新たな学問領域などに対応していくために、研究設備・機器の共用化をさらに推進していくことを目的としたプログラムです。
 第5次科学技術基本計画期間において共用体制の集中的改革を進めていくため、本事業の実施に参画し、東京都市大学では「ナノテクノロジー推進センター」を開設し、先端的研究に欠かせない機器類を広く内外に開放いたします。
 本学の先端的研究に欠かせない分析装置を完備した研究施設であり、分析技術を養成する施設でもあった、旧「機器分析室」(工学部・知識工学部所属)の機器類(透過電子顕微鏡TEM、XPSなど)に加え、新たに「シエンタ製XPS」を共用機器にラインアップし、利用を開始いたします。

 東京都市大学では、本学全体での研究・教育の用途に供するとともに学外に積極的に開放し、多くの研究に携わる皆さまに、高度な研究設備・機器類を横断的かつ効果的・効率的にご利用いただき、我が国の科学技術イノベーションの基盤的な力の向上に貢献してまいります。

共用機器利用サービス

先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム)

事業の趣旨

本事業は、競争的研究費改革と連携し、研究組織のマネジメントと一体になった研究設備・機器の整備運営の早期確立により、研究開発と共用の好循環を実現する新たな共用システムの導入を加速することにより、世界最高水準の研究開発基盤の維持・高度化を図ることを目的としています。

事業の内容

大学及び研究機関等において競争的研究資金等で購入し、研究室毎に分散管理されている研究設備・機器群を、組織の経営・研究戦略の下で管理・運営する共用システムの導入を支援するものです。本学は、外部有識者から構成する先端研究基盤共用促進事業採択審査会において審査を受け、その審査結果を踏まえて、平成28年度、採択機関となりました。

組織図 : 新たな共用システムの体制図

組織図_新たな共用システムの体制図